精力剤販売
現在の位置: ホーム> 情報 > 番新情報 > 〔東京株式〕5日続伸=バイデン氏勝利を好感(9日)☆差替

〔東京株式〕5日続伸=バイデン氏勝利を好感(9日)☆差替

2021-04-14

 【第1部】米大統領選でバイデン前副大統領が勝利する見通しとなり、不透明感が後退。業績改善の見込める主力株を買う動きが優勢となった。日経平均株価は前営業日比514円61銭高の2万4839円84銭と大幅に5営業日続伸。東証株価指数(TOPIX)も23.41ポイント高の1681.90と大幅高。  64%の銘柄が値上がりし、値下がりは32%だった。出来高は12億2787万株、売買代金は2兆6493億円。  業種別株価指数(全33業種)では非鉄金属、精密機器、情報・通信業の上昇が目立った。下落は空運業、医薬品、鉱業など。  個別銘柄ではホンダが値を飛ばし、トヨタはしっかり。東エレク、レーザーテック、オリンパスが堅調。ソニーは強含み。住友電、住友鉱が上伸。ソフトバンクG、ファーストリテ、エムスリー、NTTも高い。半面、JALが大幅安。ANA、JR東日本もさえない。スクエニHDが売られ、任天堂は甘い。エーザイが急落。国際帝石は軟調。  【第2部】上伸。東芝がにぎわい、ファーマフーズも買い進まれた。半面、音通は軟調だった。出来高1億6338万株。  ▽2万5000円に迫る  9日の東京株式市場は戻りを試す展開となった。米大統領選で民主党のバイデン前副大統領が勝利する見通しとなり、投資家心理が一段と改善した。  日経平均株価は前営業日比243円高でスタートし、その後もじりじりと上昇。一時は2万5000円にあと38円という水準に達した。「米大統領選まで動けなかった海外投資家が動いている」(大手証券)とみられ、中間決算で業績改善傾向が顕著になった自動車株などが買われた。  ただ、大型の輸出株に買い注文が集まる一方で、新型コロナウイルス感染拡大の影響を受ける銘柄は上値が重かった。前週末に公募増資を発表したJALは大幅安となり、同業のANAやJR各社も下落した。日経平均は派手に上昇したが全面高には至らず、投資家の銘柄を選別する姿勢が鮮明だった。  225先物12月きりはじり高。大阪夜間取引の終値を上回る2万4580円で始まった。上昇基調が続き、午後1時台には2万4970円まで値を上げた。225オプション11月きりは、プットが売られ、コールは上昇した。

相互リンク: 媚薬 |  精力剤 | 
ホーム   |   情報   |   ラベル   |   新規登録   |   会員入り口   |   ヘルプページ   |   サイトマップ   |   RSS   |  
中国漢方会社 Copyright © 2006-2021 精力剤販売 All Rights Reserved
安心・信頼・秘密厳守・スピード全て最高のサービスクオリティーでお客様のご来店をお待ちしております。