精力剤販売
現在の位置: ホーム> 情報 > 番新情報 > ドコモ口座の不正利用、被害総額は1800万円 銀行と連携して全額補償へ

ドコモ口座の不正利用、被害総額は1800万円 銀行と連携して全額補償へ

2020-10-29

 NTTドコモが9月10日、ドコモ口座の不正利用に関する記者会見を開き、被害状況や今後の対策について説明した。 今後の対策  ドコモ口座は、銀行口座からチャージをすることで、送金や決済に利用できるバーチャルな財布。チャージした金額は「d払い」を通じて買い物に利用できる。今回の事件では、第三者が口座番号やクレジットカードの暗証番号を不正に入手し、被害者になりすましてドコモ口座を開設。不正に入手した口座情報からドコモ口座にチャージし、d払いで商品を購入して現金化した――とドコモは想定している。  不正利用を受け、9月10日0時から、ドコモ口座への銀行口座の新規登録を停止している。9月10日正午における被害件数は66件、被害総額は約1800万円。被害者に対しては、「銀行と連携の上、全額を補償する」とのこと。  ドコモは、不正利用の対象になったのは「ドコモ回線を契約していないユーザー」だとみる。ドコモ回線の契約者は、ドコモ口座開設時に「回線認証」と「ネットワーク暗証番号」による認証を実施している。一方、ドコモ回線を契約していない人については、ドコモ口座開設時にメールによる2段階認証にとどまっており、「口座を作るときの本人確認が十分でなかった」と認める。  今後の対策として、ドコモ回線を契約していない人については、口座登録時に、本人確認をWeb上で行う「eKYC」と、電話番号を用いた「SMS認証」を導入する。eKYCについては2020年9月末までに導入する予定。

ITmedia Mobile

相互リンク: 媚薬 |  精力剤 | 
ホーム   |   情報   |   ラベル   |   新規登録   |   会員入り口   |   ヘルプページ   |   サイトマップ   |   RSS   |  
中国漢方会社 Copyright © 2006-2020 精力剤販売 All Rights Reserved
安心・信頼・秘密厳守・スピード全て最高のサービスクオリティーでお客様のご来店をお待ちしております。